2018年10月2日火曜日

【ホテル椿山荘東京】プライムクラシックエグゼクティブスイートキングシティビューに泊まってみた[4]スパでプール・温泉を楽しもう!


旦那の誕生日祝いと、私の出産前の贅沢として、ちょっといいホテルのお部屋に泊まってみよう!という事になり初めて【ホテル椿山荘東京】に泊まってみました!

今回は、スパエリアにあるプールと温泉をご紹介します!



スパエリアのプールと温泉で遊び倒そう!


営業時間は8:00~18:00/20:00~22:00
プール・ジェットバス・温泉・ジム利用:大人4,320円、小人2,160円
温泉のみ:大人2,160円、小人1,080円 

となっています。


今回、私たちが選んだプランにはこのスパ利用が特典として含まれています!

↓ ↓ ↓

プライムクラシックエグゼクティブスイートキング シティビュー【五感で寛ぐパゴダラウンジ ~スイートルームステイ~(朝食・スパ利用特典付き)】


プールと温泉が滞在中いつでも利用できるというのが最大の魅力!

特にプールは日中と夜で雰囲気ががらりと変わりますので、是非2日間とも遊んでみてほしいです♪

水着がない方は、1着540円でレンタルも可能!

ちなみに水泳帽は無料レンタル可。
ゴーグルのレンタルはありませんでした。


※レンタルは滞在中借りっぱなしはできず、退出ごとに返却が必要でした。
2日間ともプールを楽しみたい方は水着を持参したほうがよいかな~と思います!


お部屋からもプール施設のガラス屋根が見えます。
屋外にもベッドがあり、屋外ジャグジーを楽しむ事ができます。


残念ながら、スパエリアは全面写真NGでしたので、館内の写真を撮ることはできませんでした。。残念。。

椿山荘のHPに載っているこちらの写真で雰囲気を感じてください。
こじんまりとしてはいますがくの字型に設計されたプールは、まるで海外ホテルの施設のような解放感があります。


早速ロッカーで着替えをすましたら、プールに直行しましょう!
バスローブやタオルが潤沢に用意されていますので、必要に応じてはおったりベッドに敷いたりして休めます。

2つの屋内プールと2つのサウナ

屋内には、中央に水温が低めで大きなのプールと、入口から入って左側には水温高め(39度に調整)のジャグジープールがあります。
そして、ミストサウナと高温サウナの2種類のサウナが楽しめます。

私たちが滞在した初日は金曜でしたので、全く混みあっておらず、先客は1名のみでした。

私たちは大きめプールで背泳ぎしたり、仰向けのままただぷかぷか浮かんだりして超リラックス~!

体が冷えたり、少し疲れてきたら、水温高めのジャグジーでまったり水流マッサージを楽しみ、サウナにも入ってみたりとあっという間に時間がたってしまいます。

屋外ジャグジーは温泉気分

屋外にも1つ水温が一番高いジャグジーがあります。
まるで露天風呂のような雰囲気で室内とは違った楽しみ方ができます。

ジャグジーの周りは生い茂った紅葉で巧みに目隠しされ、ホテル棟の上からは見えないよう配慮されていました。こういう気づかいがありがたいですよね。

プールで遊んだ後は温泉で体をあたためよう!


こちらの温泉は、静岡の伊東より温泉を直送しているそうです。
ボディーソープ、シャンプー、リンスは完備で香りがとてもよかったです。

スクラブタオルという体を洗うタオルが用意されていましたが、これがなかなかに気持ちがいい!洗いあがりがさっぱりして、優秀なタオルでした!

無色透明の温泉に浸かれば、次第に体がぽかぽかに。
お湯はまろやかで、プールで心地よく疲労した体をほぐしてくれます。

椿山荘に泊まるときは、ぜひこのプールと温泉はセットで楽しみたいですね!!

スパラウンジ


スパラウンジには、無料の飲み物が提供されています。
私が行った夕方には、水、バリデトックスウォーター、レモン水などが置いてありました。デトックスウォーターをいただきましたが、ほんのり柑橘系の香りと味がして、飲んだら体がきれいになりそうな、そんな気分になれる味でしたw

翌朝、ラウンジに行った際にはコーヒーと紅茶も追加で置かれており、カウンターには簡単な軽食が提供されていました。

これらは10時まで利用可能で、フードは有料とコーヒー・紅茶は無料との事でした。

部屋でもコーヒー類は飲めるため、私たちは特に利用しませんでしたが、人と待ち合わせをしたり、仕事をされる方には良いサービスではないでしょうか。


2日間ともプールと温泉を堪能し、とても楽しかったです!
次回泊まるときも、スパ利用特典付きプランで泊まりたいな~と思いました。


今回、ホテルを予約したのは【一休.com】

↓ ↓ ↓

高級ホテル・旅館予約サイト 「一休.com」のお得なタイムセールはこちら




【関連記事はこちら】

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿